FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界遺産・知床を目指して

Twitterをフォローしてくださっている方はご存じかと思いますが、先日ノープランで知床に行ってきました。しかも午後3時に出発。カーナビの到着予想時刻は翌日の2時。もう、どうなるのか私たちにも分かりません。

20100728-034317.jpg

こんな感じの道をひたすらに進みます。そしてふと気付くのです、今日中に知床は無理であると。

そうと分かれば目的地を変更です。今夜は網走に泊まって、翌日知床を目指すことになりました。しかし、いざ網走市に着いてみると宿がありません。ビジネスホテルを片っ端から当たってみるのですが、どこも満室だというのです。何件目かに訪ねた東横インで、ダブルの部屋ならば1部屋だけ空くかもしれませんとのこと。とりあえず空いたら連絡を頂くことにして、隣(とはいえ50km)の北見市に行きました。しかし、北見市内のホテルも全て満室。

と諦めかけていたところに、網走の東横インから空き部屋ができたとの連絡が入りました。もうここしかなさそうなので、また50kmの道のりを戻りました。しかし、ダブルの部屋に3人ですので破格のお値段です。フロントの人は「窮屈かもしれませんがごゆっくりお過ごしください。」とは言いますが、ダブルベッドに男3人ですから、お世辞でも窮屈です。結局試行錯誤して、こんな感じで寝ることになりました。

20100728-103048.jpg

2日目は、せっかく網走に来たんだし、と網走監獄を見ることにしました。何を思ったのか「網走刑務所」の案内板に従っていくと、一般人通行禁止の看板が。これって本物の刑務所じゃん!急いで引き返し、改めて網走監獄に向かいました。網走監獄は、北最果ての地にある極寒の監獄ということで恐れられていたらしいですね。当時の様子がリアルに再現されていて、当時の受刑者の気分をちょっとだけ味わってきました。良い悪いは別として、日本の歴史ってすごいです。

20100728-234601.jpg

網走を後にし、一番最初に目にとまったのがオシンコシンの滝です。おもしろい名前だけど、知床八景の1つだそうです。岩の斜面を水が流れ落ちる様は、すごい迫力で圧巻でした。ついでに日本の滝100選にも選ばれているそうです。北海道には滝がいっぱいあります。水が流れ落ちているだけでしょ、って思われがちですが、滝はいいですよ。迫力のある滝にはロマンがあります。北海道にいる間にもう少し滝巡りをしたいなと思います。

20100729-023508.jpg

知床に入ると、まずエゾシカの数に驚かされました。はじめの1匹は温泉街にいたため、オブジェかなとか言っていたのですが、たぶん本物だったのでしょう。車で走っていると普通に道路脇で何か食べていたりして暢気なもんです。奈良公園がフラッシュバックしました。

20100729-021235.jpg

知床峠からの羅臼岳。これも知床八景の1つです。確かにここ知床峠からの景色はすごいです。

20100729-024052.jpg

見渡すと360度山で、その先にオホーツク海が見えます。奥にぼんやりと見えているのが国後島ではないかな、と思います。

ちなみに、知床横断道路は11月上旬から4月下旬まで冬期全面通行止めとなっています。世界自然遺産に指定されている山を切り開いて造ったこの道路、観光用としか思えません。

20100729-182843.jpg

ホテルの部屋から見えるオロンコ岩。これも知床八景です。八景とはいえ、これは温泉街にあるためか、あんまり感動はないですね。こんなに大きい岩がなんで港にあるの、くらいにしか思いませんでした。

あ、2日目のホテルは、反省して朝のうちにリザーブしたので、ちゃんと3人寝れる部屋に泊まることができました。

20100729-202132_20100809135158.jpg

3日目は朝から知床五湖に行きました。名前の通り一湖~五湖まで5つの湖があり、それらを遊歩道で巡ります。しかし、この日はかなりの強風で(そのためかは分かりませんが)、一湖と二湖しか回れませんでした。

20100729-202309.jpg

一湖。

20100729-210504.jpg

二湖。

知床は、私の人生の中で最も大きな自然だったかもしれません。その雄大な自然に終始感動しっぱなしでした。世界遺産に登録されるのも納得です。知床八景が全て回れなかったこと、知床五湖の三湖~五湖が見れなかったこと、船で知床岬の先端まで行けなかったこと、いろいろと後悔が残りました。まず、3日で知床を巡ろうとしたのが無謀だったのかもしれません。また、ゆっくりと知床巡りをしてみたいです。そのときには、釧路湿原にも足を伸ばしてみたいと目論んでもいます。

以下、今回の旅で撮った知床以外の写真です。


知床を後にして帰路に就いたのですが、帰り道に摩周湖があったので寄ってみることにしました。しかし、残念なことに濃霧。摩周湖の面影も全く見えませんでした。

20100729-231734.jpg

摩周湖の湖岸に咲いていた花。霧も写真にすればいい雰囲気です。

20100730-012228.jpg

仕方がないので、その近くの屈斜路湖に寄ることに。これは屈斜路湖を峠から見下ろした写真です。摩周湖と近いのにこちらは全く霧がありませんでした。やはり摩周湖は「霧の摩周湖」なのですね。

20100730-013149.jpg

標津峠の展望台。ラピュタみたい、じゃないですか?

20100730-040344.jpg

雨の中写真を撮る大月氏。帰路で立ち寄った流星の滝と銀河の滝にて。

20100728-214409.jpg

網走名物、ザンギ丼。ザンギは鶏の唐揚げじゃなくて、オホーツクサーモン(カラフトマス)の唐揚げです。

20100729-034422.jpg

生ホッケのちゃんちゃん焼き。

| 日記 | 14:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010/09/15 18:26 | | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010/09/15 18:28 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemichi.blog54.fc2.com/tb.php/793-e512b452

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。