FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iTunes Plusと原因不明の音割れ

久しぶりにTSUTAYAでCDを借りてきました。最新版のiTunesをインストールし、エンコードしようと思った矢先、デフォルトのエンコード設定がiTunes Plusになっていることに気付きました。なるほど、VBR 256kbpsと言うことですね。AACは128kbpsで十分きれいという認識があったので衝撃的です。私は、保険も兼ねて192kbpsでエンコードしていました。これからの時代は256kbpsが標準ということでしたら、従いましょう。

ということで、さっそくiTunes PlusでエンコードしてCDと聴き比べてみました。すると高音域にかすかな音割れやノイズが認められました。コンポにつないで大音量で聞いてようやくわかる程度の、です。気にならない人は気にならないレベルだと思いますので、そういう方は読み飛ばしてください。

iTunesのエンコードミスかと思いググってみましたが、iTunesはAACに関しては非常によくできたエンコーダーであるということが書かれているばかりです。あまり関係がある気はしませんが、サウンドチェック(音量の自動調整)はオフがいいようです。試してみましたが、サウンドチェックをオンにすると、多少音圧が下がります。多少ですよ、多少。気にならない人は気になりません。

サウンドチェックをオンオフしても、ノイズ音割れは直りませんでした。これはiPod側の問題だと思い、いろいろいじってみました。すると、原因はイコライザであることが分かりました。LoudnessやPopなどの高音域を持ち上げる設定は、AACの限界を超えてしまうようです。今回は、高音域までしっかりと再現するiTunes Plusという設定だったため、顕著に現れたのでしょう。

実際に周波数特性を調べても、従来のAAC 128kbpsはCD原音(WAVE)に比べて高音域の乖離が見られるのに対し、iTunes Plusではほとんど相同の周波数特性を示していることが分かります。

参考:ASCII.jp:本当に高音質? iTunes Plusを聴き比べる (前編)

総じて、iPodのイコライザ機能はあまり使わない方がよろしいかと思われます。オフかFlatがいいでしょう。iTunes Plusを使えば、イコライザなんか使わなくても比較的伸びの良い高音が出ますよ。CD音質と聞き分けられる人の方が珍しいでしょう。

というわけで、こだわる人はiTunes Plusでのエンコードに乗り換えましょう。サイズとクオリティの比がベストだと思われます。さらにこだわりたい人はAppleロスレスですか。その域まで行ったらマニアかオタクです。

| 日記 | 14:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

AAC 256kbps VBRのファイルを、SONYのウォークマンは再生できるかな。

| IPPEI | 2010/03/07 00:14 | URL | ≫ EDIT

>IPPEIさん

SONYは16~320kbpsのVBRに対応してるみたいだよ。
サイトを見てみたら注釈に書かれてました。

| かぜみち | 2010/03/07 00:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemichi.blog54.fc2.com/tb.php/783-a10073eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。