FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チーム・バチスタの栄光

映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』が公開されて、いま巷でウワサの海堂尊氏。医師であり、医学博士であり、作家であるというから驚きです。遅ればせながら、彼の作品を初めて読んでみました。海堂氏のデビュー作である、『チーム・バチスタの栄光』です。

海堂氏はAi(オートプシー・イメージング;死亡時画像診断)を提唱する医師の一人で、本作にもそのメッセージが密に織り込まれていました。Aiとは遺体をCTやMRIで撮影して死亡原因などを究明するシステムのこと。日本では(行政解剖を除く)解剖率が低く、死亡時に真の死因が明らかにならないケースが多くあります。このAiが制度として構築されれば、死亡時医学検索がシステムとして確立されるというのが彼の主張のようです。

医学用語がところ狭しと使われていて、妙にリアリティのある文体です。大学病院医局の根底にあるエゴイズムを批判しているようにも感じました。医療に携わる人にはついつい止まらなくなるおもしろさがあるかもしれません。

ミステリー作品としては、犯人は予測できるし、動機はそれほど納得がいかないし、で物足りない感は否めません。でも、キャラクターの設定が濃くて、特に田口・白鳥のやりとりは娯楽性が満載です。

昨年のTVドラマも見ましたが、後半のストーリーや犯人が異なっていたので、また新しい作品を読むように楽しめました。ちなみに映画では主人公の田口公平が田口公子という女性に変えられていましたね。

「このミス」大賞を数秒で、しかも満場一致で受賞したと聞きますが、なるほど、おもしろい。医療が好きな人、気軽にミステリーを読んでみたい人にオススメできる、リーダビリティの高い一冊です。

| レビュー | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemichi.blog54.fc2.com/tb.php/742-55cf42b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。